なぐものCHOTお話しブログ

マイペースでいろんなことをぼちぼち話していきたいです。

お知らせコーナー
・当ブログについて

カテゴリ: 日記・雑記

2つ下の鍵付き記事での予想が案外当たっているので驚いています。

下の記事(4月3日未明の記事、4月2日時点)で予想したコロナの状況は大体こんな感じでした。検査数が少ないので実数は不明で、公表数の予測でした。

・東京については、4月3日にも1日あたりの感染者数が100人を超える
 →実際に超えたのは4月4日

・東京の感染者数のピーク状態は現在(4月2日の97人)の2倍、1日200人程度
 →実際のこれまでのピークは180人~200人

・そのピーク状態になるのは4月2日から数えて1週間後
 →実際にピーク状態に入ったのは4月9日(178人)から

・東京の感染者数の瞬間最大風速は1日250人程度
 →実際には4月17日の201人

・全国については、4月3日にも1日あたりの感染者数が300人を超える
 →実際に4月3日に300人を超えた

・全国の感染者数のピーク状態は現在(4月2日の278人)の2倍、1日500~600人程度
 →実際のこれまでのピークもそれくらい

・そのピーク状態になるのは4月2日から数えて1~2週間後(東京よりやや遅れる)
 →実際にピーク状態に入ったのは4月8日(514人)で、東京とほぼ同時

・全国の感染者数の瞬間最大風速は1日800人程度
 →実際には4月11日の719人、東京より早く訪れた

・東京、全国ともに4月下旬になれば減少傾向に転じる
 →実際にそうなっている

・全国の感染者の累計は、ひとまず落ち着くまでに1万人を超えるが2万人には届かない
 →4月27日までで1万3613人、今後も増えるので実際には不明

・死者は予測できないが数百人にのぼる
 →4月27日までで394人、今後は不明

・政府が緊急事態宣言をなかなか出さないのは、大型連休を緊急事態宣言の期間に含める目的
 →実際に5月6日が期限とされた

・緊急事態宣言の期間は長くて3週間になる
 →実際は1ヶ月間だった

そして、

・大型連休を無事に超えればそのまま減るが、連休で広まるとイタリアのようになりかねない(感染拡大と対応能力の限界、医療スタッフの疲労による)ので、日本の生死は連休にかかっている

まったくの素人の私が予測の根拠としたのは、外国の増減パターンと、日本の増加ペースが欧米よりもゆっくりであること、そして人口が韓国の約2倍なので、対応策が韓国とは全く違うものの、韓国の2倍よりもやや少ないこと、という計算からでした。
韓国の2倍よりも少なくなる理由は、増加ペースが遅いぶん対策する時間があるからです。

その「対策する時間」を有効活用できたかどうかは、うーん…。

これまでの予測で外れたのは、全国のピークが東京のピークよりも後に起きるという部分、それと瞬間最大風速が私の予測よりも幸いいくらか少なかったこと、政府の緊急事態宣言の期間です。

まったくの素人の直感にしては当たったと思います。

次の予測は、「生死を分けるのは大型連休」という部分です。

誰もが言うように、日本には「未発見の感染者」がどれほど潜んでいるか分かりません。濃厚接触などで特に検査対象にならない限り、無症状や普通の風邪程度の症状の人はほとんど「潜っている」状態でしょう。

第二のクルーズ船となった長崎の例でも、長崎県は「クルーズ船の乗務員が下船して移動していた時期からすでに2週間を超えているので市中感染は無い」と言っていますがアテになりません。市中感染していても、それが発見されるレベルに重症化していないだけかもしれません。そしてその人から次の感染を起こしている可能性もあり、「2週間経っても誰も発見されないから居ない」というのは信用できません。

横浜のクルーズ船は、感染者が出た状態で横浜港に来たので最初から厳戒態勢で、限定的にしか外部の感染を起こしませんでした。長崎ケースは、ずっと停泊している最中に感染者が発見されたのだから、見えないだけで実際はわかりません。実際、「どこからウイルスが船に入ったか」も分かりません。

日本の、無症状またはごく軽い症状の感染者は、ほとんど未発見状態にあります。大型連休にその人たちが大移動すれば、いま感染者数の多い東京その他の関東圏、大阪その他の関西圏から、田舎にばらまかれます。多くの人が心配していることですが、困ったことに、「それでも気にしない」人がいます。

3月下旬の連休で気が緩んでいたとき、テレビか何かのインタビューで、人混みに出ている人が

「もし自分が感染しても自己責任だと思って来ています」

とか言っていました。それについて、

「自分が感染するのは自己責任でも他人にうつすのはどうなのか」

という意見がありました。その通りですが、もうひとつ私が言いたいのは、

「あんた自身の感染も自己責任で終わらない。どれだけの医療スタッフと医療資源を使って、まわりの人も濃厚接触などで制限を受けるか、誰にもうつさなかったとしてもひどい迷惑だ」

ということです。

「お前が遊びで気軽に感染したせいで、誰かが入院できなくなって死ぬかもしれない」と言いたい。

医師も看護師も人間です。ベッドの空きが残っていたら問題ないというものではありません。医師も看護師もその他のスタッフも、これまでの対応で、すでに疲労の極に達しています。感染しなくても過労死しそうな人も大勢いるでしょう。

そんな状態で続けていたらヒューマンエラーも起こります。そして新型コロナの対応でヒューマンエラーを起こしたら、たちまちクラスターを生んでしまいます。そのクラスター対応でさらに疲労が増す状態になります。ベッドなどの資源が残っても、「マンパワーの医療崩壊」も起こりえます。

風水害のときは、嫌でも何日も何週間も「避難所生活」を余儀なくされます。今は日本中、世界中がそういう災害の状態です。避難所でなく自宅避難であるぶんマシと考えて、家でゴロゴロ過ごす連休、ゴーロデンウイークにしましょうや。

↑このページのトップヘ