なぐものCHOTお話しブログ

マイペースでいろんなことをぼちぼち話していきたいです。

お知らせコーナー
・当ブログについて

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』最終回を見ました。
私としては、平成24年の『平清盛』以来8年ぶりに毎回見た大河でした。前半見なかった回もあったけど、中盤以降は全部見ました。

そして最終回…。

いくつか注目していた点がありましたが、なんといっても重要なのは「本能寺の変の理由」でしょう。
信長が天下に手が届くにつれて暴走してゆき、いろんな人が信長を見切ってゆく…誰も出来なかった信長の排除を光秀に期待する。そこまでは予想どおりでした。ただ、光秀が最後の最後に謀叛を決意した「引き金」が何かあるはずだ、それは何だろうと楽しみにしていました。

謀叛を心に秘めながらも、迷い悩むはずの光秀の心を最後に動かすものは何か。先週時点で私は、「光秀自身が信長に討たれる運命に追い込まれる」のではないかと思っていました。

「足利義昭を殺せ」という命令。これが引き金でした。予想外でした。「そうきたか!」と思いました。これは実行できません。

誰にもわからない本能寺の変の本当の理由、それをどう描くかも注目点でしたが、逆に誰もが知っている本能寺の変そのものをどう描くのかも注目点でした。
「明日の戦のことなど考えずに長く眠りたい」と信長が光秀に漏らした言葉。これも「うわ~そうきたか…」と思いました。絶え間ない戦や家臣の裏切りに、信長自身疲れていたんですね。爆走イメージばかりの信長がこのタイミングでこんな言葉を漏らすとは…。

そして本能寺。有名な「是非に及ばず」のセリフ、「人間五十年」の敦盛は謡うのか…など注目点はありましたが、「是非もなし」という言葉が出ました。この言葉に、これだけ「情」を込めてきたのは初めて見ました。信長ってのは、良くも悪くもドライな印象なので、自分自身の運命に関してもドライに受け止めるイメージがありました。この信長は違いましたね。

私も、昔SNSに書いた自分の小説の中で本能寺を書いたことがあります。そのとき、「是非に及ばず」というセリフに込めた信長の気持ちはこんな感じでした。

(あの緻密な光秀がこんな大事件を計画したのだから、逃げ延びられる可能性は万に一つもない。どうすべきか考えることなどすでにない。もう全ては決まったのだ。それならば、この最後の戦、どうせなら思い切り楽しんでやろう)

これはこれで自分で納得している信長像なんですが、麒麟の信長は光秀との心のつながりが深いだけに、言葉で言い尽くせない情のこもった「是非もなし」になりました。

「敦盛」を謡わなかったのは尺の都合なのか、信長の最後の最後はあえて引っぱりたくなかったのかもしれません。かつて大河ドラマ『秀吉』では、「神が死ぬか」と言って自刎するという最後まで重厚な信長でしたが、そういったシーンを出さずに、自刎したあとの遺体を映したのは、前述の「明日の戦のことなど考えずに長く眠りたい」と重なって、すごく悲しいシーンでした。まさに眠るような信長でした。

光秀の最期をどう描くか…これは最終回のラストシーンになるので、作り手としてはある意味、一番難しいところです。

山崎の戦いで無残に敗北するシーンはなく、さっさとナレーションで片付けました。ここは、光秀の最期を丹念に描くか、逆にあえてさらっと描くかの二者択一で、中途半端が一番悪いと思います。さらっと描くほうを選びましたね。そして光秀が敗れたとは言っても、死んだとは言わない。

三年後になって、光秀が生きているという噂が出てきます。
好みはいろいろあると思いますが、私は、光秀が南光坊天海になるという結末だけはしてほしくなかったんです。そういう説があるのは事実でも、歴史学的に認められていない説を採用して安易にハッピーエンドに導いたら、私にとってはこれまでのドラマが台無しになるんです。でも、そうはしませんでした。だからと言って、落ち武者狩りにやられる結末にもしなかった。

ただの風説かもしれないが生きているかもしれない…そして、天海として堂々と再登場するわけでもありませんから、光秀という存在は、死んだのではなく消えていったんですね。なにか、風とともに去りぬって感じでした。
駒が市中で見かけたのは他人の空似でしょう。光秀の顔は知る人は知っていますから、あんなところで堂々と闊歩してるわけがない。ただ、人々の心の中にはああやって、幻影のように生きてるんですね。

最後は馬に乗って疾走するシーンでした。
あれも、私は光秀生存を表現しているとは受け取りませんでした。光秀の生涯を象徴して、乱世を駆け抜けていった男、というイメージ映像だと思いました。
ともあれ、視聴者によっていろんな解釈の仕方をさせるような終わり方です。非常に良かったと思います。

ちなみに本能寺の変のあと私の書いた光秀の最期は、思いっきり「無念」なシーンだったんですよね。朝廷や足利義昭からの密命を受け、日本の「かたち」と自分の家臣たちの生活を守るため、忠節と正義を尽くして信長を討ったものの、秀吉が誰も予想できない速さで戻ったのでみんな日和見を決め込みます。結果、秀吉が勝ってしまったので、光秀は朝廷からトカゲの尻尾にされます。そして「後世の誰が何と評価しようとも自分は間違っていなかったはずだ」との信念と無念を込めて、「心しらぬ人は何とも言はばいへ身をも惜まじ名をも惜まじ」を残すという。

光秀は、実際には本能寺の変の後が誤算続きで、無念だったと思います。だから、無念無念という最期を描くのは簡単で、後味のサッパリした最期を描くのは非常に難しいと思います。こういう終わり方もできるんだなあ、と感心しました。私はなんとなく、『炎立つ』の藤原泰衡の最期みたいな予想をしてましたので。

一方、予想と期待どおりだったのが、光秀が天下泰平の夢を家康に託したことです。光秀自身の手では実現できなかったけれども、家康が光秀の志を継ぎました。
秀吉は、積極的に本能寺の変の黒幕になったわけではなく、細川藤孝を通じて事前に察知して、「これはチャンス」という感じで動く立場でした。

ひとつ期待外れだったのが、黒田官兵衛がせっかく出てきたのに何の役目も果たさなかったことですか。ここは官兵衛らしく、どうすればいいのか狼狽する秀吉に、「これで天下は殿のものになりますぞ」と囁くシーンでもっと凄味を見せてほしかったです。秀吉が最も恐れた男は家康よりも誰よりも黒田官兵衛ですから、一瞬だけの登場でももっと空恐ろしさを出してほしかったな。

まず最初に言っておきますが、私は大阪市民ではありません。

なので、大阪都構想の内容について詳しく知らないし、賛否もありませんでした。都構想について意見があるとすれば、有権者はそれぞれよく考えて投票してほしいというくらいでした。
結果は、否決でした。
これで大阪市が存続することが決まりましたが、私がここに書きたいことは、それを受けた今後のことです。

大阪市を廃止して特別区を設置することが正しかったのか、間違っていたのか分かりませんが、とにかく否決した以上、政令市としての存続が決まりました。今後は、政令市の枠組みの中で、必要な改革を進めていくことになります。
前回に続いて今回もまた、開票の最終盤までどちらが勝つかわからない接戦だったことには驚きました。選択された道は大阪市の存続ですが、意見は真っ二つでした。5年前も今回もほとんど五分五分の真っ二つです。

結果は、69万2996票(50.6%)の反対と67万5829票(49.4%)の賛成、1万7167票差での否決です。この結果で、49.4%の賛成意見を「無かったこと」にはできません。多数決とは言っても、選ばれなかった意見を無視するのが民主主義ではないし、僅差ならなおさらです。「大阪市を廃止する」という非常に冒険的な意見がこれほど大きかった以上、廃止という手段はとらなくても、「何も変わらずこのままでいい」というわけにはいきません。それなら、何をどう変えるのか…今後の課題が残ります。

また、都構想は死んだのか。そうではないと思います。

前回否決された直後に、維新が再投票を目指す旨を語ったとき、私は「それはないだろう」と思いました。僅差であっても否決は否決。まるで投票結果を無効にするような再挑戦に思えたからです。ただ、それが永久に議論してはならないテーマになったわけではありません。

あれから5年。反対を主張した人たちは、市民への約束を果たしたのか。また、構想そのものに修正すべきところはないのか。様々なことを見極めて、新しい状況、改善された構想でなら、再投票はありだと思いました。今回は、そのうえでの再投票だったと思います。

基本的に同じテーマで、そう何度も何度も再投票を繰り返すわけにはいきません。今回の否決は、2回連続ですから、前回よりもさらに重い決定になります。しかしながら、前回も今回も僅差であったことは、市民にも迷いがあることを証明しています。今後、もしも「やはり特別区にすべきだ」という意見が盛り上がったならば、3度目を絶対的に否定するものではありません。

私は、むしろ1回目のときは「2度やるなんてずるい」と思いましたが、今回は逆に「将来なら3度目もあり」と考えています。たとえ1票差でも否決は否決、いや賛否同数でも否決というルールだったので同数でも否決は否決で、大阪市の存続が民意です。しかし、1.2%差での否決が、未来永劫の拘束力を持つと考えることはできません。微妙な差が5年間も継続している以上、将来的に賛否が逆転する可能性まで否定できません。

反対意見の根拠として、「大阪市を廃止してしまったら二度と元に戻れませんよ。後悔しても遅いですよ」というのがありました。その話を聞いた人が、「二度と後戻りできない決断は今はできないからちょっと待って」という反対票を投じたことも想定されます。「ちょっと待って」を「永久に拒否します」と解釈することはできません。

民意は不変ではありません。だから、民主主義国では、選挙を経て民意で選ばれた政治家には任期があります。終身制の政治家が国を支配したら、たとえその政治家が選挙で選ばれていても、すでに民主主義ではありません。
どんな法律にも、憲法さえ、期限が設けられていなくても改正される可能性を前提として存在します。そんな中、大阪都の否決だけが、永久に変えてはならないものだとしたら、それは民主主義ではありません。「民意は変わり得る」ことが、民主主義の前提です。

部外者ながら、今回は前回以上に興味を持って見ていました。


開票作業が始まる前、大河ドラマの『麒麟がくる』を見ました。明智光秀が主人公のドラマなので、最終的に光秀を攻め殺した秀吉は将来の敵です。

秀吉というと、(天下統一前は)明るくて知恵が回ってコミカルなキャラというイメージが強いのですが、さすがにこのドラマの秀吉は、そこはかとない嫌らしさがありますね。光秀が主人公ですから当然の役回りでしょうが。

信長も、信長らしい果断な大器というところを出しつつ、容赦のない部分もよく出ています。信長も終盤に悪役になってくれなければ、光秀が本能寺を襲撃する理由が立ちません。
そして謀略家イメージの足利義昭が、とことん平和主義者ですね。光秀は義昭の信任が厚かったし、このドラマでは「民衆思いの義昭」が「無慈悲な信長」と対立する構図になりそうです。史実もドラマも、光秀は義昭と信長の板挟みでしょう。

この様子だと本能寺の変は、光秀が暴虐な信長を見るに見かねて、悩み抜いたあげくに良心と正義感のもと、義昭を京の幕府に復活させるために起こした…しかし、信長の死に乗じておのれの野望を実現しようと企てた欲深い秀吉のまえに、無念の最期をとげた…という結末でしょうか。
たぶん、家康は良いほうの役回りでしょう。主人公が悪役にやられて終わりでは後味がよくありません。そこで家康が最終シーンで、私欲にまみれた悪逆な豊臣政権を討ち滅ぼし、光秀が望んでいた平和な世の中を、光秀にかわって実現する役回りでしょうか。さすがにまさか、光秀が生き延びて南光坊天海になるオチはないでしょうけど。

「心しらぬ人は何とも言はばいへ
 身をも惜まじ名をも惜まじ」

後世の偽作とも言われますが、光秀のこの辞世の句は登場したほうがドラマとしては盛り上がりそうです。


大阪市をひっくり返して特別区を置くという、大阪の「維新」は成りませんでした。
私は、東京はなかなか冒険できないと思っています。東京が転けるということは、日本が転けることを意味します。だから、革新的な試みは、西の都・大阪の役目だと思います。特別区の設置はもちろん東京という前例があることですが、前例のない試みも、どこかがやらねばならぬことは大阪から、と思っています。

別に大阪に鉄砲玉になれという意味ではなく、東京はある程度保守的に、大阪はチャレンジャーで、というのが私の考えです。東京でなければ出来ないこともありますが、東京だから出来ないこともあると思うんですよ。それをやるのが大阪だと。

「大阪維新の会」とか「日本維新の会」といいますが、「維新」といえば「明治維新」が思い浮かびます。それなら、明治維新の「維新」はどこから来た言葉かというと、中国の古典である『詩経』が出典です。
周の文王について書かれた詩です。

 文王在上  文王、上に在(いま)し
 於昭于天  於(ああ)、天に昭(あきら)かなり
 周雖旧邦  周は旧邦と雖(いえど)も
 其命維新  其の命は維(こ)れ新たなり

  (陳舜臣『中国の歴史(一)』講談社文庫より)

中国の歴史で、周が殷を滅ぼして天下をとったことは有名です。その周は、殷を滅ぼす時になって急に生まれた国ではなく、殷の時代からずっと、殷に服属する地方国家としての歴史がありました。周そのものは古くからの国ではあるけれども、新しい天命を受けた、というのが「維新」の意味です。

文王なきあと、その息子の武王が殷を滅ぼし、天下をとりました。これを「革命」といいます。天命は、天下のあるじを殷から周に変えました。「革」は「あらた(改)まる」という意味です。天命が根本的にAからBに変わってしまうことが「革命」であり、同じAに新しい天命がくだることが「維新」なのです。

橋下さんなど維新の創立メンバーはきっと、大阪都を実現することで「大阪は旧邦と雖も其の命は維れ新たなり」を目指そうとしたのでしょう。大阪が東京をぶっ倒したら革命になるかもしれませんが(笑)、東京に並び立つ新しい天命を受けるのなら維新ですね。

信長の志は成らず、光秀の志も成らず、秀吉の志は成ったと思いきや、天下は家康が江戸に持って行きました。以来400年、日本の中心は東京です。

大阪都は成りませんでした。それが民意です。そして今後、西の都大阪はどうなっていくのでしょうか。大阪の天命は、都にならなくても、「維れ新た」になるのでしょうか。

(本題とあまり関係ない大河ドラマの文章量が多い…)

2つ下の鍵付き記事での予想が案外当たっているので驚いています。

下の記事(4月3日未明の記事、4月2日時点)で予想したコロナの状況は大体こんな感じでした。検査数が少ないので実数は不明で、公表数の予測でした。

・東京については、4月3日にも1日あたりの感染者数が100人を超える
 →実際に超えたのは4月4日

・東京の感染者数のピーク状態は現在(4月2日の97人)の2倍、1日200人程度
 →実際のこれまでのピークは180人~200人

・そのピーク状態になるのは4月2日から数えて1週間後
 →実際にピーク状態に入ったのは4月9日(178人)から

・東京の感染者数の瞬間最大風速は1日250人程度
 →実際には4月17日の201人

・全国については、4月3日にも1日あたりの感染者数が300人を超える
 →実際に4月3日に300人を超えた

・全国の感染者数のピーク状態は現在(4月2日の278人)の2倍、1日500~600人程度
 →実際のこれまでのピークもそれくらい

・そのピーク状態になるのは4月2日から数えて1~2週間後(東京よりやや遅れる)
 →実際にピーク状態に入ったのは4月8日(514人)で、東京とほぼ同時

・全国の感染者数の瞬間最大風速は1日800人程度
 →実際には4月11日の719人、東京より早く訪れた

・東京、全国ともに4月下旬になれば減少傾向に転じる
 →実際にそうなっている

・全国の感染者の累計は、ひとまず落ち着くまでに1万人を超えるが2万人には届かない
 →4月27日までで1万3613人、今後も増えるので実際には不明

・死者は予測できないが数百人にのぼる
 →4月27日までで394人、今後は不明

・政府が緊急事態宣言をなかなか出さないのは、大型連休を緊急事態宣言の期間に含める目的
 →実際に5月6日が期限とされた

・緊急事態宣言の期間は長くて3週間になる
 →実際は1ヶ月間だった

そして、

・大型連休を無事に超えればそのまま減るが、連休で広まるとイタリアのようになりかねない(感染拡大と対応能力の限界、医療スタッフの疲労による)ので、日本の生死は連休にかかっている

まったくの素人の私が予測の根拠としたのは、外国の増減パターンと、日本の増加ペースが欧米よりもゆっくりであること、そして人口が韓国の約2倍なので、対応策が韓国とは全く違うものの、韓国の2倍よりもやや少ないこと、という計算からでした。
韓国の2倍よりも少なくなる理由は、増加ペースが遅いぶん対策する時間があるからです。

その「対策する時間」を有効活用できたかどうかは、うーん…。

これまでの予測で外れたのは、全国のピークが東京のピークよりも後に起きるという部分、それと瞬間最大風速が私の予測よりも幸いいくらか少なかったこと、政府の緊急事態宣言の期間です。

まったくの素人の直感にしては当たったと思います。

次の予測は、「生死を分けるのは大型連休」という部分です。

誰もが言うように、日本には「未発見の感染者」がどれほど潜んでいるか分かりません。濃厚接触などで特に検査対象にならない限り、無症状や普通の風邪程度の症状の人はほとんど「潜っている」状態でしょう。

第二のクルーズ船となった長崎の例でも、長崎県は「クルーズ船の乗務員が下船して移動していた時期からすでに2週間を超えているので市中感染は無い」と言っていますがアテになりません。市中感染していても、それが発見されるレベルに重症化していないだけかもしれません。そしてその人から次の感染を起こしている可能性もあり、「2週間経っても誰も発見されないから居ない」というのは信用できません。

横浜のクルーズ船は、感染者が出た状態で横浜港に来たので最初から厳戒態勢で、限定的にしか外部の感染を起こしませんでした。長崎ケースは、ずっと停泊している最中に感染者が発見されたのだから、見えないだけで実際はわかりません。実際、「どこからウイルスが船に入ったか」も分かりません。

日本の、無症状またはごく軽い症状の感染者は、ほとんど未発見状態にあります。大型連休にその人たちが大移動すれば、いま感染者数の多い東京その他の関東圏、大阪その他の関西圏から、田舎にばらまかれます。多くの人が心配していることですが、困ったことに、「それでも気にしない」人がいます。

3月下旬の連休で気が緩んでいたとき、テレビか何かのインタビューで、人混みに出ている人が

「もし自分が感染しても自己責任だと思って来ています」

とか言っていました。それについて、

「自分が感染するのは自己責任でも他人にうつすのはどうなのか」

という意見がありました。その通りですが、もうひとつ私が言いたいのは、

「あんた自身の感染も自己責任で終わらない。どれだけの医療スタッフと医療資源を使って、まわりの人も濃厚接触などで制限を受けるか、誰にもうつさなかったとしてもひどい迷惑だ」

ということです。

「お前が遊びで気軽に感染したせいで、誰かが入院できなくなって死ぬかもしれない」と言いたい。

医師も看護師も人間です。ベッドの空きが残っていたら問題ないというものではありません。医師も看護師もその他のスタッフも、これまでの対応で、すでに疲労の極に達しています。感染しなくても過労死しそうな人も大勢いるでしょう。

そんな状態で続けていたらヒューマンエラーも起こります。そして新型コロナの対応でヒューマンエラーを起こしたら、たちまちクラスターを生んでしまいます。そのクラスター対応でさらに疲労が増す状態になります。ベッドなどの資源が残っても、「マンパワーの医療崩壊」も起こりえます。

風水害のときは、嫌でも何日も何週間も「避難所生活」を余儀なくされます。今は日本中、世界中がそういう災害の状態です。避難所でなく自宅避難であるぶんマシと考えて、家でゴロゴロ過ごす連休、ゴーロデンウイークにしましょうや。

↑このページのトップヘ